2015年9月26日 by admin

マンション購入に欠かせない3つのポイント

長く生活する場所ですから大切です。

マンションだけに限らず住む場所を決める時、立地は重要です。出来るだけ生活に合った場所を選びたいですよね。マンションは駅の近く比較的好立地に建てられる事が多いのですが、あまり近すぎると電車の音が気になったり駅に迎えに行く車で雨の日は渋滞し易かったりと落とし穴があります。音や道路事情は把握が必要です。そして駅近であっても家までの道のりにどんなお店があるのかチェックしておきましょう。実はスーパーは駅の反対側の出口に近いとなると電車を利用した帰り疲れてスーパーに寄る気力を失います。もし共稼ぎとなると毎日の事となるので駅近で便利と思いきや不便な立地になってしまいます。スムーズに生活していくためには立地だけでなく良く使う道が自分たちの生活に合った店や施設があるのか知る必要があります。

数年後も同じ間取りで良いですか?

さて、自分達の納得する立地のマンションを見つけたとします。次に直面するのは「間取り」です。将来的に最大何人で暮らすのかシュミレーションしておきましょう。もちろん広ければ広い程良いのですが物件との出会いはほぼ運命というかタイミングとしか言えない場合もあります。だからと言って簡単に妥協してはいけません。「子供に部屋を与えたかったけどうちの間取りじゃムリ」とかならない為にもしっかり選んでおきましょう。部屋を増やすにもリフォームし易い間取りなのか、人数が増えても収納は追い付きそうかなど。将来の事は分かりませんが備えて選んでおくことは大切です。

どちらを選ぶ?中古VS新築。

マンションを選ぶ上で中古か新築か迷う方は多いと思います。中古物件の魅力的な所は「値段」です。しかし他人が住んでいた場所ですし、設備なども年数が経っている事から故障など気になる所です。新築物件の魅力的な所は最新設備やデザインが使われていてとにかく綺麗、しかし当然の事ながら中古物件と比べると値段は高くなります。どちらを選ぶか結論から言うと両方見てみるとある程度の所で納得して選べるという事です。購入するなら値段を安く、できるだけ新しい空間でと思うならば中古マンションのリフォームをお勧めします。これから数年間故障など煩わしい事は嫌だと思うなら新築マンションをお勧めします。将来住み替えをするかしないかのライフプランもあるでしょうからしっかり考えて選びましょう。

鶴見のマンションは都心への通勤や通学に便利な立地です。また、穏やかな住宅街にありますので、子供がいるファミリーが長く暮らすのに向いています。