2015年9月9日 by admin

一戸建て住宅(注文住宅)を購入するときに重視したいポイントとは!?

地域の景観に合っているか

一戸建てを購入するときは、その地域に根差して生活することが大前提になりますね。建売住宅を購入する場合はともかく、注文住宅の場合は注意する必要があります。やはり、住宅を購入するときは、地域の景観に合っているかどうかも考えることが大切です。もちろん、どのようなデザインの家を建てるのかは個人の自由になります。しかし、明らかに浮いてしまうデザインだと顰蹙を買ってしまうかもしれません。また、自治体の景観に関する条例を確認する必要もありますね。注文住宅を購入するときは、その点も含めて工務店としっかり話し合うことをお勧めします。

自分たちのニーズに合っているか

一戸建て住宅を購入するときは、自分たちのニーズに合っていることが大切です。そのためには、ムダのない間取りになっているかも大切なポイントです。また、注文住宅を購入する場合は、自分たちの生活を最優先した間取りを作成しましょう。古来からある日本家屋には、冠婚葬祭に使う和室(二間続きなど)がありますね。また、応接間を優先的に設けた時代もありました。しかし、めったに使うことのない部屋を用意するのは、正直いってムダなことです。やはり、いま住んでいる自分たちの生活を最優先した間取りを考えましょう。

生活スタイルの変化に合っているか

家族構成に合わせて居住空間も変わっていきます。分譲住宅とは異なり、注文住宅を購入するときは、家族構成に合わせられるメリットが大きいですね。それと同時に、家族構成の変化にともない、生活スタイルにも変化が生じることを考えておきましょう。住宅内外のバリアフリー対策はもちろんですが、容易なリフォームが可能かも大きなポイントです。たとえば、扉1枚で部屋間の仕切りを変更できる仕組みになっていると、改装費用を抑えることができますね。また、部屋間の仕切りを兼ねた可動式の家具をつくるなど、いろいろと工夫することが可能です。

国分寺の一戸建ては、周辺環境が優れていることは勿論、資産価値が高く、通勤や通学に便利なことが特徴です。